スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    web拍手 by FC2

    「ドイツ食文化にみるフード左翼とフード右翼」イベント続報!!!

        images (1) 
             Das Essen schmeckt Rechtsextremismus 


    テンチョーです。
    今回も引き続き5月11日に行われるトークショーイベント、「ドイツ食文化にみるフード左翼とフード右翼」についてお話させてください。


    今回のイベントで講師を務める速水さんも伸井さんも、その著書の中で共通しているのは、取材(研究)のためにあらゆる現場へゴリゴリと(←伸井氏)、或いはしれっと(←速水氏)潜入してしまうところで、特に速水さんの著書「フード左翼とフード右翼」に於いては、およそ自分の主義とは異なると思われる、アッパーでスノッブなビーガン(菜食主義者・・いわゆるベジタリアンのうち、畜肉・鶏肉・魚介類などの肉類に加え、卵や乳・チーズ・ラードなど動物由来の食品を一切とらない人のこと。毛皮や革製品も一切身につけなかったりする人たち)の方たちの集いにさりげなーーく交わり、その本音を採集したりという・・臨場感タップリな割にちっとも手に汗握らない(笑)、ユルいリポートの仕方がとても好感が持てるのです。


    「クジラやイルカを食べることは罪か否か」なんていう議論が取り沙汰されている昨今ですが、ある意味この本はそういった論調に対しても非常にクールに想いを馳せるきっかけになる作品だと思っています。




    vegetarian-foods-cow-small-96251.jpg





    ところが「映画」や「デザイン」というコンテンツと違い、「食文化」という漠然としたテーマは市井の皆さんの食指を刺激しないのか、実は現在までこちらのイベントへの申し込みがいまひとつな状態です。
    でもしかし!
    これほど興味深いテーマについて、こんな切り口から皆で考える機会はそうそうないはずですし、この機会を逃すのはとても勿体無いと思うのです。
    わがアルテステブログを楽しみにしてくださっているアンテナの高い皆様には絶対ご満足いただけるイベントだと思います。


    そこで不肖テンチョーこと利根川は、是非とも多くの人たちにこのトークショーへご参加いただきたく、今回はお申し込みくださった方々へ、お背中のオイルマッサージ(40分)を特別にプレゼントいたします。

    お申し込みは

    朝日テレビカルチャー 静岡スクール

    〒420-8508 静岡市葵区鷹匠1丁目1番1号 新静岡セノバ5F
    TEL: 054-251-4141 FAX: 054-251-4143
    当イベント情報記事はコチラ → http://www.satv-c.co.jp/shizuoka/news/17653/






    複合型ケアサロン アルテステ
    〒420-0859静岡県静岡市葵区栄町2-5アークビル3F
    tel/fax : (054)252-5662 URL : http://arteste.web.fc2.com/


    まで。




    ドイツ食文化に見る“フード左翼とフード右翼”

    5/11(日)

    講座番号 1756
    開催日時 第2日曜日 13:30〜15:30
    開始日 2014年5月11日
    受講料 一般/5,300円 会員/5,100円

    教材費 ワンドリンク(ビール等)+ドイツ式おつまみ付


    会場 ディームスフレックスミュンヘン(新静岡駅より徒歩1分)葵区伝馬町8-6 眼鏡市場地下1階
       開場時間は13:15 セミナースタートは13:30



    そしてまた今回も協賛にご協力いただいているのは、ご存知・真っ赤可愛いイラストでおなじみ、ナガタ・ロッソさんです。
    会場では新作の赤うさぎ絵本の販売もいたします!



                 akausagiehon.jpg





                                     
    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    あるてす亭・まかない/春 ~ 夏の陣

    テンチョーです。
    アルテステ、今日も元気に営業中でっす!


    皆さんは夏バテなどしていませんか?
    今年は「暑」~「肌寒」を行ったり来たりのジグザグ気候。
    体調を崩している人もかなり見受けられるようです。


    夏バテには、水分、塩分、クエン酸などを心がけて摂るといいようですね。
    そんなアルテステも、口にするものには結構気をつけています。


    てなことで、久々のまかないメニュー特集でっす。





    K0010525.jpg

    夏と言えば、ゴーヤですね。
    豆腐は絹ごし。軽く溶いた卵と半熟っぽさを遺したまま、具に絡めて頂きます。ウマウマ。
    ゴーヤは、スタッフ川上ちゃんから頂いたもの。
    脂が見受けられるので、椀はカサゴあたりのアラ汁だった様子。




    K0010584.jpg
     
    鰹の刺身に鯖の味噌煮。
    臭い消しに使った長ネギもそのまま食べちゃう。食彩館で買ったお魚、新鮮でしたから。
    汁物はいただきものの菜っ葉と油揚げですね。
    豪勢ですが、食彩館のタイムセールで半額。500円もかかってない夕げです(笑)。
    あ、まかないにかかるお金は、いつも大体0~500円/1食・2名分。
    飛び入りのお客様もご一緒くださることもしばしばです。



    K0010624.jpg

    そんなんで、ブリの照り焼き。
    かなりお砂糖は控えめです。味醂と酒で充分なくらい。
    ベタベタにお砂糖やお醤油を使う煮付けはあまり得意ではありません。




    K0010549.jpg

    カルボナーラ。
    さんまの番組でノブコブの徳井が唐揚げ粉を使ったレシピを紹介していたので、早速作ってみました。
    古庄にあるKミートさんの美味しすぎるベーコンブロックがあったので、冷蔵庫で萎びつつあったしめじと併せてみましたが、充分ごちそうでしたよ~。
    ベーコンの力は偉大だ。




    K0010729.jpg

    食彩館で70円で手に入れた見切り品のがんもどきを、友達の羽生シェフから頂いた白にんじんと炊き合わせに。
    同じく食彩館でセールしていた鮭の切り身と。
    にんじんらしい香り豊かで、大変瑞々しかったです。
    何故かもらい物がやたら多いアルテステです。
    どこかひもじそうに見えるのでしょうか‥
    それとも無意識に「食い物をくれなきゃ、お前をとって喰う!」という顔をしているのでしょうか。




    K0010433_20130725155324.jpg

    ここからお恥ずかしい海苔巻き2選をば。
    お寿司はお稲荷さんしか作った事のないテンチョー。
    「鉄火巻きにしなよ~」と、サイズの社長さんが差し入れてくれた寿司飯&マグロのサクを前にしばし逡巡。
    出来上がったのは、“なんかよくわからないもの”でした。
    川上と2人で瞬殺。味は美味しかったです。榊原社長、ご馳走様でした。




    K0010536.jpg

    この日は椎茸と白ゴマのお稲荷さんを作りました。
    シャリが余ってしまったので、海苔巻きにする事に。
    前回の失敗を教訓に、「よし、今回の海苔巻き作成は川上に押し付けちゃれ!!」と企む黒店長‥
    この子の偉いとこなんだけど、果敢にチャレンジしてくれました。
    そしてこの出来上がり‥うん、『この師匠にしてこの弟子アリ』だな。




    K0010697.jpg

    またまた榊原社長から差し入れていただいた桜海老で、丼を作りました。
    大根おろしと良く合って、涙が出るほど美味でしたよ。
    付け合せは酢の物で更にさっぱり。
    マロニーちゃんと玉ねぎのスープを添えて。
    再び社長、ごちそうさまっ!




    K0010725.jpg
     
    さて、コチラは私が20代の頃にお客様 ( 当時女子大生!)に教えて頂いたレシピを基にしたシーフードカレー。
    イカは中くらいのサイズを丸々2杯。ワタもスミも使っちゃいます。
    コツは出汁をとった魚介は、すぐに一旦上げて、レアっぽさの残るまま最後にルゥと合わせることです。
    翌日がお休みなら、にんにくは刻まずにそのままコロコロ煮込むとお芋みたいにホクホクして美味しいです。




    K0010473.jpg

    鰹の刺身と、トマトスープ。
    またしてもいただきものの金柑がデザートに。
    お刺身を切るのは、川上の仕事になっています。




    K0010735.jpg

    テンチョーの田舎である千葉の郷土料理、『鯵のなめろう』。
    九十九里で「鯵のたたき」というと、このなめろうの事を指します。
    葱やみょうがなどの香味野菜と味噌を和えながら、包丁で鯵を徹底的にミンチにしていきます。
    作り方は、遊びで立ち上げたこちらのブログに詳しくレポしてあります。
    ミンチのままのヤツと、お酢で〆たヤツの2種類用意しました。
    見た目はちょっとアレですが、暑くて食欲ないときにもサッパリ美味しくいただけますよ!
    因みに普通のサイズの鯵5尾で、画像の分量(普通に刺身にしてあるもの含め)が出来ました。
    食彩館さん、いつもありがとう!!!



    なんだかこうしてみると魚しか食べてないんだな、ウチ‥
    しかも茶系のおばあちゃん料理ばかりだし‥
    こ、こんどお洒落なメニューも挑戦してみせますよ!
    待ってろよ、雄山!!




    web拍手 by FC2

    にゅるにゅる!!KAKUSENくん

    店長です。



    「鷹の爪団」のDLEチャンネルをチェックしていたら、こんな新作動画が…


    ぃやぁあああああああああ!




    ひ、皮丘が、皮溝が、皮孔が、毛幹がぁあ!
    コレ、この動画、無駄にリアルなんですよ。


    …角栓!
    我々、美容・化粧品業界の人間が蛇蝎の如く嫌い‥憎んでいると言っても過言ではない、毛穴の皮脂詰まりのことです。
    コイツが酸化して黒ずみ、硬く成長すると、鼻の頭の黒いブツブツや夏みかんの皮のような毛穴の開きの原因となるのです。
    作中のカクカクセンパイパイパイ…は、その酸化してお肌トラブルの原因になった状態の角栓なんですね。




    観ていて嫌だなあ。
    だけど変に可愛くて、妙な中毒性を持ってるよな。

    でも観賞後は何だか気になって、フェイシャルルームへ走り、エステ機器を総動員して久しぶりにお手入れしてしまいました。
    …ふう。


    あ、因みにこのOPで歌詞の言ってる事はすこぶる正しいですよ!!
    本当は「毛穴●っきりパック」みたいな商品も使っちゃいけないんですけどね…
    毛穴が開きっぱなしになっちゃいますから。



    皆さんも小鼻のブラックヘッドが気になったら、ご自分で無理に汚れを取ろうとせず、アルテステに来てください。
    徹底クレンジングコース、5000円でやってます。
    お肌が3トーン明るくなりますよ。




    …と、一応店主だし、宣伝らしい事も言いつつお仕事に戻りますか。
    アルコール片手に日報の〆作業中の店長でした。

    web拍手 by FC2

    待ちに待った、隣人まつり

    こんにちは、スタッフの川上です
    入梅のせいか、爽やかな風と、お日様の恵みが恋しい日々が続きます

    先月25日に
    静岡市清水区折戸にあります、特別養護老人ホーム羽衣の園様の地域交流活動の場である
    学老所わっぱ様にて『隣人まつり』という、イベントにお邪魔してきました。

    『隣人まつり』とは、隣、近所の皆さんが集まり、ちょっとそこまで、、、おでかけをして
    気軽にお茶会を開く事です。主に60代以上の方々が普段おみえになっておりますが
    お歳を問わずお楽しみいただけます。

    話題は、なんでもよく、趣味のお喋りから恋のお話まで。。。(pq´`)

    以前、私は、介護の仕事をしていました。
    残念な事に怪我により、介護の仕事を辞退しなければならなくなってしまいました。。。

    アルテステで立場は違いますが、介護の現場に携われる事になり
    すごく、すごく、嬉しくなりました。
    また、わっぱさまの活動目的のひとつとして、地域のお歳を召した方々が孤立しないようにという
    ステキな思いに、心惹かれました。

    今回はアロマハンドトリートメントを、皆さまにさせていただきました。

    お邪魔して、さっそく、、、
    DSC_4245.jpg


    温かなお出迎えに感激し、はしゃいでしまいました、、、
    写真、右側のテントを用意してくださいました。
    手作りの飾りがついていて、風が吹くたびにきらきらしてかわいさいっぱいです☆+”

    ちなみに、、、左側の皆さんのいらしゃるところは『レモネード屋さん』です。
    アロマとは違った、甘い香りにそそられちゃいます、ッッ

    ハンドトリートメントのご案内をしに声をかけたら、3月にお邪魔した事を覚えていてくださったみたく
    前回より、スムーズに施術ができました。以前、受けてくださった方は、積極的に回りの方に声かけをしてくださるという、目に移る温かなお姿と、心配りが今も印象に残ってます。

    アルテステ店長、独自のハンドトリートメントは指から始まり、、、終了する時は、冷えていた指先がぽかぽかして、血行がよくなるのでお肌が本来の色に戻ります。

    手は、毎日がんばって働いてくれます。女性のしなやかで柔らかい手、男性のがっちりと頼りがいのある手、
    一日の時間のなかで目元に一番とまる部位かもしれません、、、

    おいくつになられても、なにかのきっかけで手元が不調になっても、大切なお身体の一部です。

    次々と皆さまがおみえくださり、息をつく時間もなく喜ばしいことですが、
    午前中からお邪魔していたので、お腹の時計がグルグルと、いい感じに、、、
    わっぱさまのお母さん的存在、堀さんが
    『アルテステさん一息ついてください』と、
    声をかけていただき、本日のランチをいただきました。


    DSC_4247.jpg

    チーズカレーと特製バーニャカウンターです☆またまた、感激をしてしまいました(p‥q)盛り付けがステキすぎます。
    季節の野菜がお皿を彩り見てるだけでも楽しいです。レストランで出てくるような、メニューが青空の下で、気軽にいただけるのは、わっぱさまのおもてなしのひとつです。
    このほかに、手を休める時間がないわたしたちを気遣って、コーヒーとお菓子をわっぱさま常連のお客様が持ってきてくださいました。たびたびの心遣い、、、感激です。

    写真左上のボトルはアロマオイルです。香りになれていない方も、馴染みやすくオレンジ、ラベンダー、ペパーミントを用意しました。ひとつずつ、お鼻に近づけてもらい、お好きな香りを選んでいただきました。
    わっぱさまにおみえの方、羽衣の園のご入居者様、羽衣の園で働いてるスタッフ様など
    いろんな方がハンドマッサージを受けてくださいました。


    毎日がんばっている手は案外お手入れをしていないことが多く、ご自分で思っているより、お疲れが溜まっている事もあります。

    また、ほんの少し、腕をほぐすだけで肩の重みが和らぐかもしれません。
    今回、受けてくださった方の感想で
    『お、ッ肩が軽くなった』というのが多かったです。

    日々、お忙しいですが、たまにはお身体の声を聞いてあげてください。


    地域活動に力を入れている現場、温かい身近な人の思い、改善しなければいけない現実
    さまざまなことを実感した一日でした。


    最後までお読みくださりありがとうございます。

    web拍手 by FC2
    プロフィール

    アルテステ

    Author:アルテステ
    はじめまして!

    6月9日OPEN
    正しく智をもって美を追求する複合型ケアサロン
    「アルテステ」です。

    静岡県静岡市葵区伝馬町23-2
    ホロスコープ伝馬町703

    ご予約、お問い合わせはこちらから
    Tel:054-252-5662
    e-mail : arteste2012@gmail.com

    最新コメント
    最新記事
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。