スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    web拍手 by FC2

    羽衣薪能に行って来ました

              121006_1608~001_r





              121006_1608~002_r







    檜舞台の背景に、三保の海岸。

              121006_1613~001_r





    駿河湾の、深い蒼を望んで。







    「景勝地」という表現は、そこに“自然の歴史”と“文化の営み”が感じられる場所にこそふさわしい言葉なんだと感じました。






    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    テーマ : いってきました^^
    ジャンル : ブログ

    能楽イベントにむけて ②

    静岡の方には釈迦に説法なお話でまことに恐縮なのですが、今回特別観賞ツアーが行われる三保の松原は、駿河湾と明峰富士を望む日本でも有数の景勝地であります。



    「羽衣伝説」 の舞台として全国的に有名な場所でもあり、昭和59年から毎年10月に開催されている 清水羽衣まつり の薪能では、三番ものの演目として毎年 「羽衣」 が舞われています。
    今回は、その題材になっている羽衣伝説 についてお話させていただこうと思います。



    …さてこの 「羽衣伝説」 ですが、実は同じようなお話が滋賀県長浜市や京都府丹後市など日本各地に残っていて、その魅力的な物語の背景は、能の演目みならず様々な芸術作品のモチーフにもなっているのですが(※例①)、ここ清水に伝わる逸話は他の伝承とはちょっと変わっていて非常に面白いのです。



      11-5-3b.jpg
                                                     (※①・本多錦吉郎「羽衣図」)



    子供の頃に聞かされた 「てんにょのはごろも」 という童話は、偶然見かけた天女に恋をした男が、なんとか彼女を妻にするべく、天界へ帰るために必要な羽衣を隠してしまう、という、なんだか冷静になって考えるとヒドいパワハラ亭主のお話だったわけです(結局最後には、隠してあった羽衣を見つけられ、天女=カアちゃんに逃げられてしまうのですが)。
    …通っていた保育園でこの話をはじめて聞いたとき、水辺で沐浴中にそのしどけない姿を覗かれた上、奪われた羽衣を盾に貞操を要求され実家にも帰してもらえなくなった天女に対して、私は子供心に強い同情を覚えました。
    それは幼い私だけではなく、教室中の女の子達が一斉に同じような不快感を覚え、「これだからエッチな男子ってイヤょねェーー!!」といった冷たい視線を(なんの罪もない)同級の男子園児達に注いだりしたのを覚えています(笑)。



    実際、今も各地に残っている羽衣伝承の多くは似たようなバッド・エンドが用意されているのですが(中には天女が人間界に残り、幸をもたらすといううお話もあります)、ここ静岡に伝わるお話は一味も二味も違っていて、主人公の男=白龍の…なんというかこうお人好しな 「しぞーか人気質」 が反映されて大変ほっこりさせられます。
    とはいえ、この物語に出てくる男も天女の美しさについ一度は三保の松林に掛かった羽衣を手にしてしまうのですが、天へ帰れないと嘆く天女に心を動かされた彼は、彼女の美しい舞に大満足して彼女を天へ帰すのです。



    現代風にしてみると、こんな感じ↓でしょうか(※ライトノベルふうにお送りします)。



    白龍「ヤタ!羽衣ゲット!」
    天女「ちょちょちょ‥!!ちょ‥やめて!私それないと帰れなくなっっちゃうから!」
    白龍「ぇえーー‥?」
    天女「いやマジ、困るから!返して!」
    白龍「ぇえーー。…ふんとに困る?」
    天女「ホントに、ホントに困る(コクコクコク)!」
    白龍「…ふんとに、ふんと?」
    天女「ふんとです!!
    白龍「ぅう~ん‥」
    天女「もぉ~‥わかった!じゃあ、こうしよう!?…返してくれたら、わたし、舞っちゃう!」
    白龍「…え?」
    天女「わたし、舞ってあげます」
    白龍「ィェエエエエエエ!!マジ!!!??? (※羽衣を差し出しかけ)」
    天女「マジ!!!!」



    白龍「でも…(※差し出しかけた羽衣を下げ)。…ふんとはコレ返したら、舞わないで帰っちゃうんでしょう(涙)?」
    天女「…くどいぞ、天女に二言はナイ!!!」



    …すみません、ふざけすぎました。
    でもこの最後の2行は本当で、羽衣を返したら舞わずに帰ってしまうのではないか?という男に対して、天女は 「いや疑いは人間にあり、天に偽りなきものを」 と返し、正直者の白龍はそんな天女の言葉に感動し、衣を返すのですが、ここがこの謡のクライマックスにもなっています。



    その礼の舞が三保の松原の景観を称えた謡に乗せられ、なんとも優雅で観る者をやさしく豊かな気持ちにさせてくれるのが、この 「羽衣」 という能です。
    折角この演目の舞台である三保で、 「羽衣」 を観賞できるこの機会、私も今から楽しみです。



                     
    また蛇足ですが、仏教では吉祥天女 (梵語・マハーシュリー※②)とは 『大いなる幸運』 をもたらしてくれる女神を指します。



                       kisshouten.jpg
                                                (※吉祥天像)




    大いなる幸運とはまさしく心の豊かさを指すのではないでしょうか。
    この機会に皆様も、大いに能にハマってみてください。  






    web拍手 by FC2

    テーマ : みんなに紹介したいこと
    ジャンル : ブログ

    能楽イベントにむけて ①

    松園と「序の舞」



    ここに、一枚の絵があります。



             img_480647_6299088_0.jpg



    誰しもが1度は目にしたことがある、有名な作品ですね。
    上村松園の 「序の舞」 です。


    息を呑むような、美しさ。
    圧倒的な気品、凛とした佇まい。



    松園は この作品に寄せて、
    何ものにも犯されない女性の内に潜む強い意志をこの絵に表現したかった。一点の卑俗
    なところもなく、清澄な感じのする香り高い珠玉のような絵こそ、私の念願するものなの
    です

    と言う言葉を遺しています。



    私は昔から松園の美人画が大好きで、彼女の作品に度々見られる、透明感と強い信念を感じさせるような女性の姿は、自分自身にとっての大きな憧れでもありました。



    なかでも 「私は芸妓ひとつ描く場合でも、粋ななまめかしい芸妓ではなく、意地や張りのある芸妓を描くので、多少野暮らしい感じがすると人に言われます」 と言う松園にとって、この 「序の舞」 は、まさに真骨頂ともいえる作品であるのではないでしょうか。
    ギリギリのバランスで構成された画面に佇む女性の面差しは、見る者に心地よい緊張感を覚えさせ、ある種の神聖さを漂わせています。



    そしてキーワードになっているのが、この作品の題名である 「序の舞」 という言葉です。



    日本美術に見る能



    そもそも 「序の舞」 というのは、能の舞事のひとつを指します。
    非常に静かな品位ある舞で、三番目物の優美な女性、樹木の精、老人など、さまざまな曲のシテが舞います。
    笛・小鼓・大鼓で奏す大小物と、太鼓が加わる太鼓物の2種類があり、構成は中之舞と同様ですが、冒頭に拍子に合わない譜がつくのが特徴で、この部分を序と呼び、「序之舞」の名称もここから来ているのだそうです(能ドットコムより抜粋)。



    明治に猿楽も能楽と大きく総称されて、以来神秘的な題材も多く扱った 「能」 は、能楽の中では比較的高尚なものとして区別されています。
    現代でも神社に奉納される舞として神事能という行事が連綿と続けられていますが、本来能とは神様に捧げられる神聖なものでもあったわけで、そのことを踏まえて冒頭の絵を見ると、この作品が、芸妓が持つある種荘厳な美しさと、 「序の舞」 というモチーフが絶妙にリンクされた物語性を構築した、松園改心の素晴らしい挑戦作であることにも気付かされるわけです。



    とはいえ能の演目の主題は 高邁な世界に類族されるだけでなく、どこにでもある男女の情愛や、子を思う母の思いや、愚かな権力者が引き起こす悲喜交々などが題材として多く演者に舞われており、一度能の世界を知ってしまうと現代に生きる我々でもその魅力にハマってしまうことは少なくありません。
    私自身能や文楽との出会いは、今では鬼籍に入ってしまった明治生まれの祖母の手ほどきで、祖父の膝に座って観たTV中継のものでした (浄瑠璃の起源はNHKの 「笛吹き童子」 や 「里見八犬伝」 や 「プリンプリン物語」 だったかもしれません…;)。



    隣国との様々な問題が取り沙汰されている昨今ですが、ここにきてようやく自分達のナショナリティについて思いを巡らせる方々の増えてきた感があります。
    食傷気味の韓流スター報道に、過激さを増してきたネット上のナチズン発言。
    私個人は、どちらも行き過ぎている気がしています。



    それよりも私は、我々が暮らすこの日本にはこんな素晴らしい文化・伝統・芸術があり、それを大切に受け継いでいる人たちがいる事を、世界のどこにあっても胸を張って伝えることが大事だし、それが小さな自分の役割だとも思っています。



    先日のドイツイベントに、アンペルマンショップの運営 … 私は、お仕事上度々西欧諸国の魅力的な文化を皆様にご紹介していますが、それにはまず自分の国の良さをキチンと知り、その誇りを規範として諸外国の文化を尊敬していくことが大前提だとも思っています。



    願わくは、皆様が我々の思惑を笑ってご理解くださり、アルテステで共にする時間を愉しんでくださいますように。
    願って已みません。



    次回は、三保薪能で演じられる演目のいとつである 「羽衣」 についてです。
    web拍手 by FC2

    テーマ : みんなに紹介したいこと
    ジャンル : ブログ

    プロフィール

    アルテステ

    Author:アルテステ
    はじめまして!

    6月9日OPEN
    正しく智をもって美を追求する複合型ケアサロン
    「アルテステ」です。

    静岡県静岡市葵区伝馬町23-2
    ホロスコープ伝馬町703

    ご予約、お問い合わせはこちらから
    Tel:054-252-5662
    e-mail : arteste2012@gmail.com

    最新コメント
    最新記事
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。