スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    web拍手 by FC2

    「鉄板!ドイツ王道喜劇論」、開催迫る!

    こんにちは、店長です。



    以前も当ブログでお知らせした、静岡県舞台芸術劇場(SPAC)さんが主催する、“ ふじのくにせかい演劇祭2013 『 脱線!スパニッシュフライ 』 静岡公演記念トークショー・鉄板!ドイツ王道喜劇論 ~ 民衆劇場・フォルクスビューネ、「笑い」の主成分 ~ ”という、長い長いタイトルのトークショーの開催が、いよいよ来月の12日に迫って参りました。
    会場は、共催のサールナートホール静岡シネギャラリーさん。



    サールナートのみのりさんもご自身のブログでおっしゃっている通り、映画と演劇、どちらも同じ『劇場』で上映(演)されるものならばということで、今回この夢のコラボが実現したのですが、今回もアルテステがカラむこの企画、ファンの方に向けたふじのくに世界演劇祭の前哨戦としては勿論、今まで演劇には縁がなかったという人にも是非お勧めしたい催しになっています。


    そもそも「脱線!スパニッシュフライ(The Spanish Fly)」って集団は、一体どんな劇団なんでしょう?
    この演劇祭のパンフレットに寄稿している、我らが伸井太一さんの言によると、スパニッシュという言葉の中にアナグラムのように隠されている「panish(≒パニックの)」という言葉が、それを端的に表しているようです。


    舞台上のカーペットにはトランポリンが仕込まれ、ご覧のようにハチャメチャ活劇が繰り広げられていきます。
    真面目なドイツ人が、真面目にお笑いに立ち向かう‥我々にはその辺が想像しづらいのですが、それをより楽しめる為のヒントを、今回のトークショーは随所に仕掛けています。







    ナビゲート役は、NHKドイツ語教室でお馴染みの市川先生と、SPAC人気俳優のお2人。


    当日は、ご来場の方にキッチュな色合いとクマの形が可愛いドイツのグミ、HARIBOをもれなくプレゼント!
    その他にも抽選で当たる豪華な商品が続々と!
    アンペルマンショップ静岡からは、前回に引き続きお洒落でかわいいトートバッグが当たります!


         『脱線!スパニッシュ・フライ』トークショーチラシ-1



    スパニッシュ・フライとは、もともと「スペインバエ」と呼ばれている甲虫を指す言葉だそうです。
    “蝿”とは言っても実際には蝿の仲間ではなく、分類的にはハンミョウの仲間らしいのですが、この虫から抽出された毒成分(カンタリジン)は催淫剤の原材料としても使われていて、スパニッシュフライとはその興奮剤そのものの名前でもあるようなんですね。



                 lytta_vesicatoria_spanische_fliege_100910_dsc0004.jpg



    故・中島らも氏の著作によると、ある種の化学物質というものは、「少量なら薬、適量なら麻薬、過ぎれば毒」になるとありましたっけ。
    この「脱線!スパニッシュフライ」が、時に魅惑的な“毒”を以て、我々の静岡県舞台芸術劇場にどのような化学変化を起こしてくれるのでしょうか?
    今から楽しみでなりません。


    それにはこちらのトークショーも、是非お見逃しなく!

    鉄板!ドイツ王道喜劇論
    5月12日(日) 14:00~
    入場料500円・要予約(SPACチケットセンターtel:054-202-3399)



    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    CELTIC。。。空間


    こんにちは。。。スタッフの川上です


    昨日から
    ついに。。。。ついに、ッツ
    始まりました...CELTIC WIND

    アルテステがまもなく1周年を迎えるために。。。店長が温めてきた企画でございます。

    少し、想像しながらお目もとお預けください。。


    シャワールームにてお身体を整えて頂いたあと、普段のようにうつ伏せになって頂きます。

    ここから、ケルト真空間へ。。。


    ほんわかといい香り、優しい光を灯しますアロマキャンドル、お肩から腰にかけて
    温かなロウオイルを流していきます。
    スタッフの手でゆったりと、お客様を包んでいきます。
    カウンセリングの際にお伺いいたしました、お気になさってます部位には
    スタッフの手でロウオイルを塗布し、温めます。

    日頃、お世話になっているお身体に、お礼をお伝えしますように。。。


    それでは、施術に入ります。

    受けた時の
    わたしの感想も書かせていただきます。

    普段使用しているキャリアオイルより濃厚で、受けている側も施術側も不思議な感覚です。
    ひじなど、皮膚の薄い部位も満足するような。。。感覚でした。
    オイルが足りない、という感触もありませんでした。

    香りには温度間がないと想いがちですが、
    オイルキャンドルから、ほんのり 伝わります香り、どこか暖かなものを感じました。

    これからの季節では、火照った日中から、夕日が沈みはじめ、夜をお迎えます前の少し暑さが落ち着いて
    ホッ。。と一呼吸おいた、そんな風景が浮かびました。

    te.jpg


    お拭き取りいたします。
    濃厚なロウオイルをお身体に残さないよう、ホットタオルを重ね蒸していきます。

    拭き上げたあと、施術中に濃厚だと感じていました
    ロウオイルは気にならず、お仕上がりは余韻が残るようと、例えましょうか
    温泉に入ったように、お身体の内側から、ぽかぽかと温かさが心地よく。。というのは店長の感想でして、

    私、川上は、代謝が良くなりすぎてぽかぽか以上になってしまいました(p>____<q)



    冷えが気になりますお方、お疲れがたまり体温調節が難しくなっていますお方。。。。。

    もちろん、ケルト空間に身を預けたいお方、どんなお方でもお待ち致しております。


    お一方、お一方違ったお色をお持ちです。


    アルテステはお客様の普段、お披露目したくても難しいカラーも出せるような、
    大きな絵の具のパレットのような空間です。



    ちょっと違った日常。。。を、体感しに
    足を運んでみても、いいかもしれないですね。。。



    お目もとのお付き合い、ありがとうございます。





    web拍手 by FC2

    ケルト・キャンペーンが始まりました!

    本日から2ヶ月間、アルテステがケルトに染まります。

    静かに流れるヒーリング音楽のなか、技術自慢のアルテステスタッフが、溶けるとマッサージオイルになるソイ・キャンドルで、あなたの凝り固まったお身体をじっくりジンワリとほぐしていきます。

             K0010507.jpg




    期間中にお越し頂いたボディトリートメントをお受けになるすべてのお客様に、このキャンドルを使った施術を、通常のオイルマッサージのコースよりもお得な1,250円/10分でご提供させて頂きます。
    温められたロウが、腰に、肩に、ふくらはぎに‥優しく広がっていく気持ちよさは、是非ご自身でご体験ください(※大豆などのアレルギーをお持ちのかたは、事前にお申し出ください)!
    もちろんシャワーも完備。
    施術を終えた箇所は、その都度スチームタオルで心地よく温めたあと、余分なオイルは綺麗に拭きあげます。
    決してベタベタしたお身体のまま、お帰ししたりはいたしません。

    お客様は何の準備もなさらず、身一つでいらっしゃってください。


    女性のお客様には、プロの使用するメイク用化粧品&道具一式のご用意もございます(ブラシセットは全て評判の熊野筆です!)。
    またご希望があれば、ライセンスを持ったプロがメイクもいたします。
    どちらも無料ですので、お気軽にお申し付けくださいね!




    ケルティックウインド開催中は、フロントで様々なケルト音楽が流れています。
    どうぞ日常の喧騒を忘れにいらしてくださいませ。


     img029.jpg









    web拍手 by FC2

    みてたマルシェに遊びに来てね!!

    いよいよ明日の11時から、みてたマルシェ開催です。
    お近くのかたは、是非いらしてください!!


    テンチョーとジャンケン」、「ナイショの“ここだけ半額”商品」やってます。



    また、当日は是非アンペルマンスタッフに「ブログ見ましたよ~」とをかけてやってくださいませんか?
    更新の励みになりますし、何かイイコトあるかもしれませんよっ!


    それでは、皆さまをけやき通りお待ちしてます
    良い子のみんな、14日日曜日は、けやき通りで僕とじゃんけん!!



    店長でした。



    K0010534 (1)



    web拍手 by FC2

    みてたマルシェにアンペルマンがやってくるよ!

    今週末の日曜日に、静岡市のけやき通りで開催されるみてたマルシェに、アルテステがアンペルマンショップ静岡として参加いたします!


    みてたマルシェとは、御幸町、伝馬町、鷹匠界隈の3つの地区の店舗が一堂に会して、それぞれのお店の逸品を販売する、という、非常にワクワクする催しなわけです。
    ちなみにたった今、当店とお付き合いのあるパサージュ鷹匠さん(ちなみにここの大家さんのブログ、面白ためになります)の方に電話をしてみたら、なんと!東欧の秘蔵の雑貨がお得に買えちゃう企画を企んでるようですよ(ちなみにパサージュ鷹匠さんはアンペルマンショップ静岡と同じテントに入ってます)!



    こんなカンジにこのマルシェ、どのお店もかなりレアな商品やお得なお値段で勝負!をするようです。
    お祭りですからね‥儲けではなく、皆さんの笑顔が見たいんですよ、この街の商店会店主たちは(笑)。




    もちろん、我がアンペルマンショップ静岡だって負けてはいません!
    当日は、ここでしか買えないスペシャル限定グッズが、なんと!半額で。
    そして利根川店長とジャンケンをして、勝った人には消費税をサービス!!
    更に「ブログ見ましたよ~」と仰ってくださった方には、あっ!と驚く豪華(?)プレゼントがッ!
    まさに、「アンペルマンショップ静岡の気風のよさは世界一ィィィ!(©荒木飛呂彦)」であります!


        img028.jpg


    良い子の皆さま、14日日曜日は、けやき通りで僕と握手‥もとい、 じゃんけん!!





    利根川“赤レンジャー”店長



    web拍手 by FC2

    とんでもない動画を見つけてしまった

    自主制作アニメ「イモリンとサンショー」Independent production anime



    この「イモリン」が、当ブログでもお馴染み、流浪の漫画家・アルテステ企画広報イトーちゃんにそっくり。
    イモリン、中の人の名前まで「伊藤ハムスター」。




    ぅう~ん(笑)。
    web拍手 by FC2

    5/11、12…何かが起こる!!

    皆さんは、ドイツの演劇について、どんなイメージがありますか?


    「観たことないけど、なんだかおカタそう…」
    「馴染みがないなぁ」


    それもそのはず
    ドイツと日本の演劇は、国内での興行月がバッティングしているため、いままで彼の国の演劇を観るには、実際にドイツまで足を運ばなきゃならなかったんです。
    それがこの度、宮城聰芸術総監督率いる劇団・SPACが、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」でドイツのドタバタ笑劇団、『脱線!スパニッシュ・フライ』を招致するという、我々(ややヘンな)ドイツ文化のファンにとって、大いなる快挙を成し遂げてくれました。


         『脱線!スパニッシュ・フライ』トークショーチラシ-1


    『脱線!スパニッシュ・フライ』てなんだ?

    SPAC制作部の佐伯さん曰く、「ドイツの吉本(新喜劇?)」。
    体を張った、はじけるような笑いの笑撃団(SHOW劇団)らしいです。


    私としても、もっと詳細をお伝えしたいのですが、なにしろこの公演が日本で行われるのは今回が初めて。

    そこで「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」の前哨戦として、来月5/12(日)に、『脱線!スパニッシュ・フライ』がますますオモシロくなるトークショーをサールナートさんのホールで開催いたします!!


    SPAC×サールナートホールの夢の共演(ついでに不肖アルテステも…)!?
    当日は、豪華なプレゼントも盛りだくさん!!

    これは是非、チェケラ!ですぞ。


    詳しくはコチラ → SPACホームページで!!!


    web拍手 by FC2

    伸井さん、こんなところでなにしてはるんですか

    …てなかんじで、行きつけの本屋さん「戸田書店」のブックフェアに、ニセドイツの伸井太一(東海大学講師・柳原伸洋)氏のお名前を発見してしまいました。


           K0010526.jpg



    最近何故か静岡でお馴染みになりつつある伸井さんですが、こんな形でまたお名前をお見かけするとなんだか不思議な気がします。
    この、『学びの羅針盤(コンパス)』と銘打たれた東京大学出版会の企画するフェアは、東大出身の若手研究者の方がそれぞれの研究テーマに沿って薦めたい書籍を紹介しあうという企画で、全国のジュンク堂書店で開催されているようです。


           K0010528.jpg


    伸井さんがお薦めされているドイツ史関連の本だけでなく、日本を含むアジアの近現代史に社会学など、まさに『学びの世界への入門書』としてふさわしい書籍がラインナップされています。

    先日、70歳を過ぎて静岡大学のキャンパスに通われていらっしゃる方の記事を新聞で拝見しましたが、「学問(級)の徒」とは、これから新学期を迎える学生さんだけを指す言葉ではなく、人は求めれば、どんな形であれ、いつでもその門を叩く事が出来ると思いますし、一度志せばその挑戦には終わりはないのだという気もします。

    不肖、最近介護福祉の世界に関わる機会をいただいている私も、仁平先生の薦める『「ボランティア」の誕生と終焉』という1冊に強く惹かれました。
    6,930円か…、ムム。


    K0010533.jpg


    伸井さんのご著書も、真ん中のいい場所にババ~ン!!と鎮座ましましていらっしゃいました。





    因みに私と伊藤が「ニセドイツ2」を買ったのも、東京からの出張の折、この戸田書店さんでした。
    都内でもなかなか見つからずにいたのに、戸田書店さんに1、2巻と平積みになっていて感動したのを昨日のことのように覚えています。


    「この本屋さん、解かってる!!!」


    他にもレアな美術書、グラビアの充実した専門書、興味をひくフェアの数々。
    それ以来、大ファンの書店です。
    絶対おススメですよ。

    オマケになんと!3000円以上の書籍を買うと、あのサールナートさんの劇場鑑賞券がいただけるんです!!



    皆さんも戸田書店さんで買い物をするといいです!!!

                                     …戸田書店さん、なんかください。








    店長でした。
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    アルテステ

    Author:アルテステ
    はじめまして!

    6月9日OPEN
    正しく智をもって美を追求する複合型ケアサロン
    「アルテステ」です。

    静岡県静岡市葵区伝馬町23-2
    ホロスコープ伝馬町703

    ご予約、お問い合わせはこちらから
    Tel:054-252-5662
    e-mail : arteste2012@gmail.com

    最新コメント
    最新記事
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。