スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    web拍手 by FC2

    駿河のひとつのこし The Final

    店長まかないギャラリー

    私は静岡に餌付けされてしまった、と言っても、過言ではないかもしれない。



    初対面の人には、必ずといっていいほど勧められる食彩館さん
    アルテステのメインPCが、 『食彩館』 と一発変換出来るくらいには当店の食生活に馴染んでいます。





             120611_1935~002


             120807_1940~001

             120807_1940~002

             120807_1941~002
             なんか、触ったことのない魚がいっぱい。










                       
                       121001_1453~002
                       魚を捌くのは苦にならない店長ですが、








                     前回うPした深海魚のどんこにはちょっとビビりました。

                        120605_2117~001
                        目が光ってるし(涙)!!










                120805_2123~002
                鯛のアラ汁










            K0010146.jpg
            でもやっぱり魚をいただくと、細胞レベルで体が 「コレ、コレ!」 といいます。










                     120716_2041~001
                     ワカモノが居るときは、こんなメニューも作ったりしましたが










    やはり40を過ぎてからは、ガッツりしたお肉料理とか、脂ものなんかが得意じゃなくなったりします。
    とはいえ、良質の蛋白質やお野菜を充分に、そしてバランスよくいただくことは結構難しい。
    また若い頃と違って、ダイエットの効果が出にくくなった店長世代には、炭水化物の摂りかたも注意すべきポイントです。










               K0010152.jpg
               
               K0010155.jpg
               土鍋で炊いた、真っ白いツヤツヤご飯は美味しいけど。











                そこで、玄米食を始めてみました。
                K0010210.jpg
                上の画像は、一汁一菜の典型的な明治の食卓を再現してみました。









               






                K0010211.jpg
    もとより私は、精白されたお米よりも一五穀米などの雑穀の混じったお米が好きでしたから、玄米を噛みしめた時のプチプチといった愉しい食感や、炊き上がるまでの香ばしい香りが気に入ってしまい、今では白米だと物足りないような気がしています。
    江戸時代には、地方から江戸に仕官した武士の人たちに、所謂 『江戸病』と言われる病気が流行ったそうです。
    これは、都に上がって精米した白米ばかりを食べるようになった武士達が、今まで玄米の胚芽や表皮に含まれていた栄養素を摂取する事がなくなり、今で言う脚気になってしまったのだそうです。



    また私がエステの専門学校生だった頃、生理解剖学の非常勤講師としていらしていた医師の先生が、癌で余命宣告をされたにも拘らず、ポジティブシンキングで規則正しい生活を送る事に気を付け、精白した食品を遠ざけ、完全玄米食に変えたことのみで、手術や放射線治療を一切行わずに10年以上も壮健でいらっしゃいました。
    検査で体の中に癌があることは確実なのに、癌細胞が肉体を攻撃しなくなったわけです。


    実はこれは、玄米に含まれるフィチン酸という成分が強力な排泄作用を持ち、体内の毒素を排出し、治療の役割をしているからなのです。
    ただこの事には一つ重要な注意要素があって、実はこのフィチン酸、余りにも排泄作用が強いため、人体に必要な他のミネラルまで外に出してしまうんです。
    その為玄米食とは癌の食餌療法やダイエットには効果がありますが、余りそればかりを長く続けていると、貧血を起こしたり、歯や骨が弱くなったりするのです。


    実際、玄米食に切り替えてからは、永年の悩みであった便秘も驚く程解消され、この半年くらい困っていた胸元のプツプツもすっかり消えました(私はもともと吹き出物とは無縁な体質でした)。
    が、やはり玄米の持つ灰汁がそれだけ強力なのだと考えると、それを補うためのビタミンやミネラルを意識して摂らないといけません。










                      K0010216.jpg

                      K0010212.jpg
                玄米おむすびは、海苔おかかとか味噌だとか、素朴な味が良く合います。
               しっかり握った玄米は、頬張ると口の中でほろっとほどけてとても美味しいです。










    あとは、新鮮なお野菜に駿河湾のお魚といった土地の食べ物と、他の炭水化物と併せていただくこと、何より美味しく、3度の食事を愉しむ、という気持ちが大切な気がします。









                 K0010161.jpg
                 時に白米










                        120917_1909~001
                        冬瓜スープ










               120709_2035~001
               赤シソで作った、自家製ゆかりでゆかりごはん










               K0010238.jpg
               しいたけと玉ねぎのかき揚げ天そば







    今日も、いただきます!!






    スポンサーサイト

    web拍手 by FC2

    テーマ : 独り言
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    アルテステ

    Author:アルテステ
    はじめまして!

    6月9日OPEN
    正しく智をもって美を追求する複合型ケアサロン
    「アルテステ」です。

    静岡県静岡市葵区伝馬町23-2
    ホロスコープ伝馬町703

    ご予約、お問い合わせはこちらから
    Tel:054-252-5662
    e-mail : arteste2012@gmail.com

    最新コメント
    最新記事
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。