スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    web拍手 by FC2

    あるてす亭・まかない/春 ~ 夏の陣

    テンチョーです。
    アルテステ、今日も元気に営業中でっす!


    皆さんは夏バテなどしていませんか?
    今年は「暑」~「肌寒」を行ったり来たりのジグザグ気候。
    体調を崩している人もかなり見受けられるようです。


    夏バテには、水分、塩分、クエン酸などを心がけて摂るといいようですね。
    そんなアルテステも、口にするものには結構気をつけています。


    てなことで、久々のまかないメニュー特集でっす。





    K0010525.jpg

    夏と言えば、ゴーヤですね。
    豆腐は絹ごし。軽く溶いた卵と半熟っぽさを遺したまま、具に絡めて頂きます。ウマウマ。
    ゴーヤは、スタッフ川上ちゃんから頂いたもの。
    脂が見受けられるので、椀はカサゴあたりのアラ汁だった様子。




    K0010584.jpg
     
    鰹の刺身に鯖の味噌煮。
    臭い消しに使った長ネギもそのまま食べちゃう。食彩館で買ったお魚、新鮮でしたから。
    汁物はいただきものの菜っ葉と油揚げですね。
    豪勢ですが、食彩館のタイムセールで半額。500円もかかってない夕げです(笑)。
    あ、まかないにかかるお金は、いつも大体0~500円/1食・2名分。
    飛び入りのお客様もご一緒くださることもしばしばです。



    K0010624.jpg

    そんなんで、ブリの照り焼き。
    かなりお砂糖は控えめです。味醂と酒で充分なくらい。
    ベタベタにお砂糖やお醤油を使う煮付けはあまり得意ではありません。




    K0010549.jpg

    カルボナーラ。
    さんまの番組でノブコブの徳井が唐揚げ粉を使ったレシピを紹介していたので、早速作ってみました。
    古庄にあるKミートさんの美味しすぎるベーコンブロックがあったので、冷蔵庫で萎びつつあったしめじと併せてみましたが、充分ごちそうでしたよ~。
    ベーコンの力は偉大だ。




    K0010729.jpg

    食彩館で70円で手に入れた見切り品のがんもどきを、友達の羽生シェフから頂いた白にんじんと炊き合わせに。
    同じく食彩館でセールしていた鮭の切り身と。
    にんじんらしい香り豊かで、大変瑞々しかったです。
    何故かもらい物がやたら多いアルテステです。
    どこかひもじそうに見えるのでしょうか‥
    それとも無意識に「食い物をくれなきゃ、お前をとって喰う!」という顔をしているのでしょうか。




    K0010433_20130725155324.jpg

    ここからお恥ずかしい海苔巻き2選をば。
    お寿司はお稲荷さんしか作った事のないテンチョー。
    「鉄火巻きにしなよ~」と、サイズの社長さんが差し入れてくれた寿司飯&マグロのサクを前にしばし逡巡。
    出来上がったのは、“なんかよくわからないもの”でした。
    川上と2人で瞬殺。味は美味しかったです。榊原社長、ご馳走様でした。




    K0010536.jpg

    この日は椎茸と白ゴマのお稲荷さんを作りました。
    シャリが余ってしまったので、海苔巻きにする事に。
    前回の失敗を教訓に、「よし、今回の海苔巻き作成は川上に押し付けちゃれ!!」と企む黒店長‥
    この子の偉いとこなんだけど、果敢にチャレンジしてくれました。
    そしてこの出来上がり‥うん、『この師匠にしてこの弟子アリ』だな。




    K0010697.jpg

    またまた榊原社長から差し入れていただいた桜海老で、丼を作りました。
    大根おろしと良く合って、涙が出るほど美味でしたよ。
    付け合せは酢の物で更にさっぱり。
    マロニーちゃんと玉ねぎのスープを添えて。
    再び社長、ごちそうさまっ!




    K0010725.jpg
     
    さて、コチラは私が20代の頃にお客様 ( 当時女子大生!)に教えて頂いたレシピを基にしたシーフードカレー。
    イカは中くらいのサイズを丸々2杯。ワタもスミも使っちゃいます。
    コツは出汁をとった魚介は、すぐに一旦上げて、レアっぽさの残るまま最後にルゥと合わせることです。
    翌日がお休みなら、にんにくは刻まずにそのままコロコロ煮込むとお芋みたいにホクホクして美味しいです。




    K0010473.jpg

    鰹の刺身と、トマトスープ。
    またしてもいただきものの金柑がデザートに。
    お刺身を切るのは、川上の仕事になっています。




    K0010735.jpg

    テンチョーの田舎である千葉の郷土料理、『鯵のなめろう』。
    九十九里で「鯵のたたき」というと、このなめろうの事を指します。
    葱やみょうがなどの香味野菜と味噌を和えながら、包丁で鯵を徹底的にミンチにしていきます。
    作り方は、遊びで立ち上げたこちらのブログに詳しくレポしてあります。
    ミンチのままのヤツと、お酢で〆たヤツの2種類用意しました。
    見た目はちょっとアレですが、暑くて食欲ないときにもサッパリ美味しくいただけますよ!
    因みに普通のサイズの鯵5尾で、画像の分量(普通に刺身にしてあるもの含め)が出来ました。
    食彩館さん、いつもありがとう!!!



    なんだかこうしてみると魚しか食べてないんだな、ウチ‥
    しかも茶系のおばあちゃん料理ばかりだし‥
    こ、こんどお洒落なメニューも挑戦してみせますよ!
    待ってろよ、雄山!!



    スポンサーサイト

    web拍手 by FC2

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    アルテステ

    Author:アルテステ
    はじめまして!

    6月9日OPEN
    正しく智をもって美を追求する複合型ケアサロン
    「アルテステ」です。

    静岡県静岡市葵区伝馬町23-2
    ホロスコープ伝馬町703

    ご予約、お問い合わせはこちらから
    Tel:054-252-5662
    e-mail : arteste2012@gmail.com

    最新コメント
    最新記事
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。