スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    web拍手 by FC2

    たまには映画の話なんぞ(あるてす亭・文月高座)②

    えェ、エステティシャンなんてぇ仕事で口を糊しておりますと、他人様のお顔に触れる機会が増えますな。
    するってぇと、なんてェのか‥こう、人間の貌(かお)ってぇもんが、気になって、気になって、しょうがなくなってくるンです。


    いえね、別にあァたの器量が云々ってェ話じゃアないんですよ。‥それなのに、あらやだよ、この人ッたら。すっかり拗ねちゃって。


    いやアタシが言ってるのはね、『顔』というよりも『面(つら)』。所謂ご面相のことで、容姿の造作がどうのこうのって話じゃないンでさア。人の顔には生まれついた器量の他にも、人生の年輪を積み重ねていくうちに刻まれていく物語があって、何故だかアタシは、そういったものに惹かれて仕方なくなってくるン。
    今じゃアそれが講じて撮影メイクの仕事にまで手を出したり、人の肖像画ばかり描くようになっちゃった。
    因みにこれが、アタシが鉛筆で描いたプーチンね。
    どうです?結構男前に描けてるでしょ?
    へへッ。

                          12416179.jpg


    まぁそれはこっちイ置いといて、表題になってる、映画の噺(噺?)です。





    「あらお前様、またDVDですか?」
    「おぅ、よろず問屋の尼損(あまぞん)で頼んでおいたのが今朝届いてナ(ウキウキとケースを見せ)」


    510ESMCP3XL.jpg


    「ふうン、何々‥ さばかるくじゃんぬ?」
    「おぅ、鯖軽く‥って、馬鹿か!お前ェは!これはな、裁かるゝジャンヌって書いて、さばかるるじゃんぬ、って読むんだよッ」
    「アラ、やだ。ふふふ‥」
    「 “ アラやだ、ふふふ ” じゃないよ、まったくしょうがないね、こん人ア。いいかい?これあね、『裁かるゝジャンヌ』といって、英仏100年戦争で活躍したんだけど味方の裏切りで敵に捕らえられルーアンの広場で火刑に処された救国の乙女で高名なジャンヌ・ダルクの最期を描いた1927年制作カール・ドライヤーの名作なんだよ(一気にまくしたてるように)。」
    「あらあァた、よくそんな長い台詞をスラスラ言えるわね」
    「ったくもッて、しょうがないねぇ。‥まあお前もこっちイ来て一緒にご覧。(リモコンでDVDを再生しながら)─ポチッ、と」

    ‥なんてんで、喧嘩しつつも2人並んで観始めちゃった。
    まあだいたいこの、ご夫婦というのはまことにこの不思議なもんでね。



                 
                 jen1.jpg




    「ふっ、えぐッ、‥ウッ‥」
    「おやまぁ、そんなに泣いちゃって。ホラ、この手ぬぐいで涙を拭きなさいよ」
    「‥う、ウグっ、う‥うん(コクッ)。ジャ、ジャンヌが、可哀想で‥」
    「しっかりなさいよ、男の癖に」
    なんてんで、泣いてるのは旦那さんのほうだったりします。


    「どうだい、すごいだろう、いい映画だろう?」
    「本当、ジャンヌが髪を切られちゃうシーンもショックだったけど、アタシにはあの異端審問官の面ァ構えがいけないね、どうも小憎ったらしいッたら‥」
    「だろう?でもお前さん、いいところに気付いたね。実はこの映画の肝はね、人間の“面”にあるンだよ」
    「面、ですか?」
    「そう、面ですよ。観ていたら解ったと思うけど、この映画はね、ほぼ全編が俳優の顔のクローズ・アップ、つまりは顔の表情の演技だけで構成されているんですよ」
    「そう言えば‥」
    「これァね、映像の手法に数々の挑戦をしてきたドライヤーの実験的作品でもあるんですよ。彼は、僅か16歳で魔女裁判にかけられ、生きたまま火あぶりになっていくジャンヌの、「恐怖」、「驚愕」、「絶望」、「恍惚」、「悲哀」といった心理の移行を、その顔の表情のみで伝えようとしたんですよ。いろんな演者が実に生き生きと演じているけれど、なかんずく素晴らしいのは、やっぱりジャンヌを演じたルネ・ファルコネッティっていう女優さんだね」
    「アタシはジャコメッティよりビスコッティでワインを飲むのが好きですけどねぇ‥」
    「またお前さんは!ジャコメッティでもビスコッティでもマセラッティでもありませんッ、ファ・ル・コ・ネッ・ティ!!!」
    「そんなにポンポン言わなくたって、やっぱり似たようなものじゃありませんかよォ‥」
    「全然違いますよっ。まったくこの人にはどんなに説明したところで、ルネ・ファルコネッティの素晴らしい表情の演技なんて解ンないだろうね」
    「ぁあら、何を仰ってますン。表情の演技にならアタシだって精通してますよ。例えばあァた、昨日はお仕事で遅くなるだなんて仰ってましたが、本当は両替町で遊んでいらすったでしょう(旦那、ギクッとして)?さぞやお疲れでしょうと心配しておりましたら、真ッ赤なご面相をして帰られた」
    「ゥウ~ン‥」
    「面ァ見れば、わかります」






    スポンサーサイト

    web拍手 by FC2

    テーマ : 店主のつぶやき(・∀・)
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    アルテステ

    Author:アルテステ
    はじめまして!

    6月9日OPEN
    正しく智をもって美を追求する複合型ケアサロン
    「アルテステ」です。

    静岡県静岡市葵区伝馬町23-2
    ホロスコープ伝馬町703

    ご予約、お問い合わせはこちらから
    Tel:054-252-5662
    e-mail : arteste2012@gmail.com

    最新コメント
    最新記事
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。